本当に良いエイジングケア化粧品の選び方

2017年03月10日
「たるみ」「シミ」「しわ」などのエイジングサインは加齢の証。

30代になるとに現れやすいことが知られています。

肌の老化は何らかの原因により皮膚の本来の機能が劣化することです。

だからこそ、その原因にしっかりとアプローチするエイジングケアをすることが重要になってきます。

では、こんなエイジングサインのケアには、どんな基礎化粧品を選べば良いのでしょうか?

もちろん、選ぶべき基礎化粧品は、エイジングケア化粧品です。

では、そのエイジングケア化粧品はどのように選べばいいのでしょうか?

今回は、エイジングケア初心者の方のために、エイジングケア化粧品を選ぶポイントをお示しします。

エイジングケア化粧品選びのポイント



1.基本は高い保湿力を発揮する成分が含まれている。

エイジングケアの基本は保湿です。

お肌の水分量は年を重ねるにつれて減少し続けます。

その結果、年齢とともにお肌は誰でも乾燥を生じやすくなるのです。

お肌が乾燥すると、目尻や口元のしわなどが目立ちやすくなります。

また、摩擦や紫外線等からお肌を守るバリア機能も弱まってしまいます。

主な保湿成分としては、水溶性成分としてプロテオグリカン、ヒアルロン酸・コラーゲン、NMFなどがあります。

油溶性成分としては、セラミド、スクワラン、シアバターなどです。

こういった保湿成分が含まれていることがエイジングケア化粧品において、大切だと考えられます。

そして、年齢肌のためには、保湿力の高い成分を違った種類でバランス良く配合したエイジングケア化粧品を取り入れ、うるおいのある肌を保つことが重要なんです。


2.エイジングケアに働きかける成分が含まれている。

肌の潤いを保つための保湿は、守りのエイジングケアです。

保湿はあくまで必要最低限のこと。

守りだけでは、加齢によるエイジングサインを改善することはできません。

そこで、積極的にエイジングサインを改善するための「攻めるエイジングケア」が必要となります。

つまり、コラーゲンやエラスチンに働きかけたり、抗酸化作用のあるエイジングケア成分が必要なのです。

コラーゲンやエラスチンに働きかける成分としては、ナールスゲン、ネオダーミル、レチノイン酸トコフェリルなどがあります。

また、抗酸化成分としては、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、プラセンタ、アスタキサンチンなどがあります。

成分だけ聞いても実際にどういった化粧品を選べばいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

エイジングケア化粧品ならナールスコム



そんな方に上で挙げたような成分が入ったエイジングケア化粧品でおすすめしたいものがあります。

それは、ナールスコムというサイトで販売されているナールスゲン配合のエイジングケア商品です。

ナールスゲンとは、京都大学と大阪市立大学で共同開発された化粧品成分です。
お肌の老化の原因にアプローチするような働きを持つのがこのナールスゲン。

ナールスコムはそんなナールスゲン化粧品のパイオニアで、@コスメで化粧水ランキング1位のナールスピュアをはじめ、良いエイジングケア化粧品の条件を満たしたアイテムが揃えられています。

エイジングケアのための美容液、保湿クリーム、フェイスマスク、ハンドクリームなどなど。

エイジングケア化粧品を選ぶなら、エイジングケア化粧品のナールスコムを要チェックです!

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する